リハビリ セラピーコース

 

① どのような方に適した治療か?

慢性的な身体の痛みや怪我に悩む方向けの施術です。なかなか個人ではリハビリを継続できない方や、正しいリハビリを行っているのかを確認をしながら、ステップバイステップでお客様の状態に合わせてリハビリを追加・変更してエクソサイズの効果を最大限に引き出せるようにします。少しずつ確実にセラピストとお客様とが納得してリハビリを進めていくことを目的としているコースです。

また、このコースでは普段スポーツをされていて、怪我からの早期回復、パフォーマンスの向上、または怪我の予防を目指されたい方も対象となります。


 

施術を担当するのは日本の理学療法士の資格保持者です。徒手療法、運動療法を組み合わせて機能改善の為の施術を行うことにより状態の改善を目指していきます。治療時間内(25分)に身体評価、徒手療法、エクササイズ指導、コンサルテーションを含みます。初回は時間を長めにいただきます。(45分程)

 

②適応疾患、症状

さまざまな症状に対して、それぞれのお客様のご要望や必要に応じて、施術のみならず個人で継続して行えるようストレッチやエクササイズなどのホームエクササイズも提供します。

対象となる方:

  • 長年の肩周囲の痛みや凝りで肩が挙がらないまたは挙がりにくい。

  • 股関節が硬い、股関節や臀部が痛い、硬くて関節を動かせない、また筋肉が衰えてしまい、痛みがある、または動かしづらい。

  • 足腰が弱ってきたので、運動の機会を持ちたい。

  • 長時間のデスクワークにより、姿勢が悪くなってしまい、改善したい。

  • 脳梗塞など疾病後の後遺症により、歩行やトイレなどの身の回りの動作など、日常生活に支障をきたしている。

  • スポーツをしているが、痛みに悩んでいるので、アドバイスが欲しい。

 

 

その他、お困りの点がございましたら、一度お電話にてご相談下さい。

 

③セラピーの内容

・徒手療法

筋肉の緊張や短縮、関節の拘縮などにより動きが制限されている組織に対してマッサージやストレッチ、関節モビライゼーション、筋膜リリース等を行うことで本来の可動性を取り戻します。

 

・物理療法

物理療法は、疼痛の緩和、循環の改善、リラクゼーションを目的として、物理的なエネルギー(熱、水、光、電気、徒手など)を使用する治療法です。当院では、電気治療(EMS、TENS)、テーピング治療を行なっています。

 

 (1)神経筋電気刺激療法(EMS:Electrical Muscle Stimulation)

 筋肉に刺激を加えることで、筋力強化を図ります。EMS電気刺激による運動は、自発的な運動より 高い運動効果を得られることができると言われています。

 

 (2)経皮的電気刺激療法(TENS:Transcutaneous Electrical Nerve Stimulation)

 痛みのある部分に電気を流すことにより、痛みの軽減、または筋肉の緊張を緩めることを図りま  す。

 

 (3)テーピング

 キネシオテープは伸びすぎた、または硬くなった筋肉に伸縮性のあるテープを貼ることで、痛みの 軽減、筋肉、関節の動きを助けて身体を動かしやすくします。また、局所に溜まった血液やリンパ 液などの循環の改善、関節の補正などの効果もあります。

 

 

・運動療法

筋力トレーニングやストレッチングなどを通して、柔軟性の向上、筋力増強、障害や疾患の症状の改善や予防などを図ります。ご自身でできるエクササイズ指導も行います。

こちらの動画でも施術の様子をご覧いただけます。

Rehabili2
Rehabili4
Rehabili3
Rehabili1